CITY ADVENTURE タッチ MYSTERY OF TRIANGLE

タッチ

漫画原作モノといえば

原作は超有名野球漫画、しかし(当然)ゲームでは……

漫画「タッチ」といえば、説明不要の名作漫画。
野球と恋愛の二面を軸としたこの漫画については、今更説明不要だろう。
その漫画のゲーム化ならば野球ゲームか、というとそうではない。もちろん恋愛ゲームでもない。(この当時恋愛ゲームはまだほぼ存在しなかったため当然ではある)
その内容は今でもクソゲーマーの間で語り草となっている、原作漫画からは想像不可能なとんでもないゲームだった。

このゲーム、ジャンルは横スクロールアクションである。そう、アクションゲームなのだ。
その中身は「異世界の街へ迷い込んだ達也と和也、そして南。逃げた愛犬パンチの仔犬10匹を集めるため、敵を倒しながら街を探索する」というもの。
……すでに頭の痛くなるワードが何回も出てきた気がするが、これはまだ序の口。
プレイヤーは達也または和也を操作し、武器である「野球ボール」を敵に投げつけながら探索する。高校球児のスポーツマンシップはどうした。
二人の後ろを付いてくるヒロイン、南は本当に付いてくるだけ。しかも歩くのが遅く、敵に触れるとその場で泣き出し止まる始末。更に達也・和也のライフが減少し、「もう たっちゃん どうにかしてよ」と言い放つ。当時読者が憧れていた浅倉南は、こんなキャラだっただろうか? こんな女、幼なじみだからって守らずに置いていけ。

漫画のタッチ、ほぼ関係なし

あまりに突っ込みどころ満載のこのゲーム、冒頭で触れたように一部のゲーマーの間では根強い人気(もちろんクソゲーとして)を誇っている。そのためか、レビューしている方は多くいるので詳しい内容は省略し、突っ込みどころ(の一部)を以下に列挙する。

・異世界の住人
異世界に人間はいない。その代わり、「セイント」という二足歩行している犬が話しかけてくる。(ちなみに要らないアイテムの処分方法は、「何も話さないセイントに押し付ける(説明書より)」。スタッフ、頭湧いてたのか

・異世界の敵
マップ上を彷徨っていると出くわす、多くの敵。「小さいピエロ」「熊」「うさぎ」「風船」「ドリル」「ロボ」「重機」「飛行機」などなど、無駄に多くの種類がいる。……細かいことを考えたら負け。

・広大なマップ
マップ広すぎ。そのうえキーアイテムの位置がほぼノーヒントだったりするので、自力クリアは相当な時間が必要。あ、でも謎の薬局内部とか、ちょっと雰囲気が怖いところもあって楽しかったりする。(唯一このゲームで好きな点)

・仔犬の集め方
基本的に仔犬は、各地域にいるボスを倒したら捕獲できる。(とても野球漫画原作ゲームの説明とは思えない)
一部例外もあるのだが、その内の1匹は「動く水溜り(敵)をバケツで倒し続けると何処からか出てくる」。……スタッフ、頭湧いてたのか

・ライフ(資金)制度
このゲーム一番のポイントは「ライフ制度」かもしれない。
ライフと資金が共有となっており、アイテムを購入する際にはライフを使う。ライフは敵を倒せば簡単に増えるため、敵を倒してライフ(資金)を貯めつつ進めていくことになる。
……つまり、このゲーム、ゲームオーバーになることは殆どない。悪夢はプレイヤーが諦めるまで永遠に続く。

異世界を彷徨うには十分な準備を

列挙すればまだまだ続く(有名なパスワード問題とか)が、今回はこの程度にしておく。
もしこれからプレイする奇特な人がいるなら、最低限「異世界の全体マップ」と「南を許す寛容な心」を準備したうえでプレイしてほしい。
……そういえば、副題の「MYSTERY OF TRIANGLE」とはなんだったのだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする