バンドのライブをアクションカメラ(MUSON MC2)で撮影した話 その2(動画編集方法とか)

MC2を使ってバンドライブを撮影、その後

前回の記事で、バンドのライブをアクションカメラ(MUSON MC2)を使って撮影した、という話を書きました。
その後何回か使ってみて色々と思うことがあったので、メモ代わりに記事を書いておきます。

撮影時の設定とか

基本的に撮影時の設定は、あまり変更しないでいいかなと思います。
個人的に変更しているのは以下の点くらい。
両方共本体の設定で変更することが可能です。

  • タイムスタンプを非表示
  • 動画モードを1080p/30fps

タイムスタンプは、必要に応じてオン・オフを切り替えてもいいかもしれません。
ただ、一度設定が飛んでしまった後に気づかず撮影してしまうと変な日付が入ってしまうので、とりあえずオフで撮影しました。
動画に日付は必要ないかな、とも思いましたし。

フレームレートについて

動画モードについては、要は動画の大きさ(綺麗さ)や滑らかさが変更できるということです。
4Kで撮影するほど大したものでもないので、大きさは1080Pに。
fps(frames per second)とは、「一秒間に何枚の画像を流すか」ということですね。
動画とは、簡単に言えば画像を連続で流しているもの(に音声をつけている)です。
30fpsなら、一秒間に30枚の画像を流している、ということになります。
60fpsなら、一秒間に60枚ですね。

MUSON MC2では、1080Pの大きさでは60fpsと30fpsを設定できます。
当然60fpsのほうが滑らかに撮影できるのですが、正直そこまで滑らかに撮影してもそんなに違いはありません。
また、当然60fpsのほうが容量は大きくなってしまいます。低スペックPCだと、1080p/60fpsの動画を再生するのは結構大変かも。
バンドのPVに使う、とかなら60fpsでの撮影を考えてもいいかもしれませんね。
(そもそもPVを作るにしても、60fpsでは作らない気もしますが)

撮影した動画ファイルについて

撮影した動画については、以下のような活用が考えられます。

  • バンドメンバーで共有してライブの反省
  • 編集した動画を公開してバンドの宣伝

バンドメンバーで動画を共有するには、YouTubeなどに非公開でアップロードするのが手っ取り早いでしょう。メンバー全員同居している、とかなら別ですが。いちいちDVDとかに焼いて渡すのもめんどくさいですしね。ほとんどの人がスマートフォンやPCを持っていると思うので、それらを上手く活用してしまいましょう。

まず、撮影した動画をPCに取り込みます。カメラのMicroSDカードをアダプタ等を通してPCへ接続すればOK。MicroSDは(たぶん)直接PCに繋げないことが多いので、変換アダプタやカードリーダを使いましょう。

接続して中身を確認すると、「mov」形式でファイルがいくつか保存されています。
どうやらMC2は10分毎に動画を分割し、保存しているようです。(設定で変更できるのかな?)
ひとつのライブが分割されていると不便なので、これらを結合してしまいます。さらに、動画として編集しやすい「avi」形式に変更します。

  • 複数の動画ファイルをひとつの動画ファイルにまとめる
  • mov → avi に変換

動画編集方法

動画のまとめ・変換には、「Any Video Converter フリー版」を使います。
まあ、他のソフトでもいいんですけど。

Any Video Converterを起動して、撮影したmovファイルをすべてドロップ。
画面下部の「全てのファイルを結合」をチェックし、保存形式を「Customized AVI Movie」へ。
全般タブや動画タブで設定が変更できますが、とりあえず迷ったらOriginalでいいでしょう。
設定が完了したら、「変換」をクリック。
数分~数十分くらいで変換が完了します。
詳しい設定やAVIのあれこれについては割愛。調べればいくらでも情報はあるかと思います。

YouTubeへ公開

変換が完了したら、ひとつのAVIファイルに動画がまとめられているかと思います。
あとはこの動画をYouTubeにアップロードするだけ。
多くの人々に公開するなら「公開」設定で、メンバーだけで共有するなら「非公開」設定で。
「非公開」の場合、自分以外に再生可能なユーザを追加することができます。
他のメンバーを追加することで、バンドメンバーだけで再生可能にする、ということが可能になるわけですね。

その他の活用方法

AVIファイルなら、編集するためのフリーソフトはいくらでもあります。
演奏部分だけ切り抜いたり、文字やバンドロゴを入れたり、ライブ映像を貼り合わせてライブ風PVを作ったり、色々と活用できると思います。

今やバンド活動も、TwitterなどのSNSを活用して宣伝している時代。
動画の撮影や編集も想像以上に簡単なので、色々と活用してみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする