【ポケモンFRLG】虫ポケ縛り第4章「むしとり漂流記」【制限プレイ】

第4章 むしとり漂流記

ポケットモンスターFRLG 虫ポケ縛り

前回:第3章「サファリゾーンのストライク」

シリーズリンク

ジム戦5回目はセキチクジム、忍者のキョウ

さて、ジムリーダー以外はカスの集まりなので、我らがバタフリー隊長で一掃。さっさとジムリーダー戦といきましょう。

セキチクジムのリーダー・キョウは、毒タイプのポケモンを操る忍者です。
ポケスペだとロケット団幹部なせいか、悪役のイメージが強いこの男。
というかポケスペのカントージムリーダーって、8人中4人がロケット団(幹部3人+首領)なんですよね。カントーの治安はボロボロ。

で、問題のキョウとの戦い。それまでの敵と比較するとかなりレベルが高く、ちょっと驚きました。が、サイコキネシスを使うバタフリーの敵ではなかった。あっけなさすぎるくらいの余裕を見せつけて撃破。

これでバッチは5つ集まり、あと3つです。

むしとり少年、海を進みグレン島へ

次の目的地はグレン島。なみのり・かいりきを駆使していかなければたどり着けないのですが、当然ながら初代の虫ポケモンで使える者はいないため、秘伝マシン要員として有名なクラブを仕方なく使います。戦闘では使わないですよ(二回目)。

クラブはなみのり・かいりき・いあいぎりを使える凄い(便利な)ナイスガイ。ほら、なんとなくカニと虫ってフォルム似ていますよね。鳴き声も軽快だし。そんな彼の助力もあり、一行はグレン島へ。

とりあえずはイベントを進行させるため、めんどくさいポケモン屋敷へ。炎タイプとは相性が悪いのですが、そこまで苦戦するほどではありません。
それにしてもミュウ・ミュウツー関連のイベントって、初代の時点でどこまで想定して発売したんでしょうね。余った領域に無理やり詰め込んだとかいろいろなお話はありますけど、結局のところ「ゲーム中では全ては明かされない謎」として仕込んだのでしょうか。そういうネタって結構当時のゲームにはありましたし、考察が捗って非常に面白いですよね。

ポケモン屋敷のイベントを終え、いよいよ懸念しているジム戦・炎使いのカツラとの戦いです。虫ポケと相性最悪な炎タイプ、どうなることやら。

第6のジムリーダー戦、燃える男・カツラ

この虫ポケモン縛りを始めた当初から懸念していた、炎使いのジムリーダー・カツラ戦
バタフリー以外は役立たずになるだろうと予測されるので、最初からバタフリーで戦闘を始めていきます。

基本戦法は先制で「ねむりごな」を当てて、眠ってる間にサイコキネシス。
レベル差もあまりないので、「かえんほうしゃ」でもされたら恐らくバタフリーは即死。
相手が眠りから覚めないことを祈りつつ、サイコキネシスを重ねていき、撃破していきます。

……そして、勝利。……あれ?
気づけばなんとバタフリー隊長はノーダメージ。超余裕のクリアでした。
苦手タイプといっても、当たらなければどうということはない。
さすがバタフリー隊長、貫禄が違います。

ポケットモンスターFRLG 虫ポケ縛り

少しの寄り道とシルフカンパニー

ここでアドバンス版追加イベントの「1のしま」~「3のしま」のイベントをこなします。まあ、特筆すべき点は無いんですけど。

イベントを終えたら、次はヤマブキへ戻ります。まずはシルフカンパニーに殴りこみ。
敵のレベルが程よく高いので、ストライク・パラセクト・モルフォンのレベル上げに最適。……え、スピアー? ポケスペで登場したサカキのスピアーは格好良かったですよね。

さて、シルフカンパニー内の敵をどんどん倒しながら奥に進んでいき、いよいよロケット団のボス・サカキと対戦です。なお戦闘は超余裕のため省略

こうしてシルフカンパニーをクリアした虫取り少年一行。ヤマブキシティからロケット団を追い払ったので、ヤマブキのジムに入れるようになりました。ジムリーダーはエスパー少女のナツメです。

第7のジムリーダー戦、エスパー少女ナツメ

いきなりの余談ですけと、ナツメって媒体によって様々な描かれ方をしていますよね。初期ゲームでは黒髪ロングが素敵なエスパーお姉さんでしたが、HGSS以降では外ハネのミドルカットで高い露出の服装という素晴らしきイメージチェンジ。さらにその後は何故か舞台女優として大活躍しておられるナツメさん。いやあ、人生の楽しさに目覚めたのでしょうかね。

また、ポケスペではマチス・キョウとともに、ロケット団幹部という設定になっていました。ブルーとの戦闘・共闘レッドとの温泉など、印象深いシーンが多いため覚えている方も多いのではないでしょうか。

……筆者のナツメ様愛のため話が大幅にそれましたが、ジムリーダー戦です。といってもエスパータイプは虫タイプの攻撃に弱いので、バタフリーの「ぎんいろのかぜ」で楽勝でした。「ぎんいろのかぜ」が無かった初代だったら苦戦していたかもしれませんけど。スリーパーとかが「ねむりごな」で眠らないからうっとおしいかったです。それだけ。

最後のジムリーダー、サカキ

7人のジムリーダーを倒したので、いよいよ最後のジムリーダー戦です。相手はロケット団首領のサカキ(さっき倒したばかりとか言わない)。

サカキは地面タイプを中心に繰り出してきます。どうせならポケスペと同じくスピアーでも使ってくれれば盛り上がったのですけど。いや、こっちのスピアーは完全に戦力外通告を受けた身ですが。

タイプ相性としては特に可もなく不可もなく。とりあえずバタフリー隊長は控えに回し、ストライク・パラセクト・モルフォンの三匹で切り込んでいきます。

思ったよりも苦戦せず、一匹、また一匹と撃破。気づけばバタフリーの出番もなく、最後のジムリーダー・サカキに勝利。……つまんねえぇぇ。
これはひょっとして、このまま殿堂入りも可能な強さなのか!?

ポケットモンスターFRLG 虫ポケ縛り

そしてしっかりとしたオチ

そんな余裕ぶっていると痛い目にあうのが世の常というものです。

サカキに勝利し、いよいよ目指すはポケモンリーグ。その道中、トキワの西にてライバルとの戦闘があります。このまま勢いに乗って撃破してしまいましょう。

……そう思っていたら、ライバルのむしとらずが繰り出したのは、炎+飛行という虫ポケモンにとって最悪の相性となる相手、恐怖のリザードン
バタフリー隊長以上の素早さを誇り、しかも「かえんほうしゃ」を受けると虫取り軍団は全員一撃で死亡。

ポケットモンスターFRLG 虫ポケ縛り

虫ポケたちはリザードンに焼き尽くされ、むしとりは目の前が真っ暗になってしまいました。

To be continued…

ポケットモンスターFRLG 虫ポケ縛り

トレーナーカードはコチラのサイトを活用させて頂きました。
→「トレーナーカードジェネレーター」http://tc.hnys.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする