【ドラクエ6】魔法縛り第2章「タッツウの出撃」【制限プレイ】

過去記事はこちら。

第1章 ジャミラスの風

第2章 タッツウの出撃

ホルストックへ

次に向かうのはホルストック。
ここではしれんその1~その3までの戦闘があります。

★VSしれんその1
まずはしれんその1。
メダパニダンスを頻繁にしてくるので、バーバラは常に混乱してて役立たず。
混乱耐性のあるミレーユのみがヒャダルコ連発して、苦戦することなく撃破。
そう、その1はまだいいんだよ……。

★VSしれんその2
で、一番影の薄いしれんその2。
スクルトで守備力を固めれば、ただのザコ。
メラミで瞬殺してしまおう。

「じゅもんは ひかりのかべに はじかれた!」

なん……だと……?

こいつ……初期状態からマホカンタがかかっていやがる!
DQ5でさんざん苦しめられたマホカンタ、ここでも妨げとなるか……。
DQ5の時は凍てつく波動したりドラゴラムしたりしたが……今回はどっちもできません。

そもそも職業縛りのせいでドラゴラムとかパルプンテとか、突破できそうな呪文を覚えれないのが痛い。
マホターンならともかく、マホカンタか……。
意外なところで強敵に出会ったものだ。
いつもなら記憶に残らないしれんその2。
まさかこいつで詰まるとは。
せめて相手が魔法使ってくればDQ5・イブール戦のようにこっちもマホカンタする戦法が使えるんだが。
どうするかなぁ。

少し作戦を考えてみます。
召喚:いのりがとどかない。
パルプンテ:覚えれない。その上、たぶんボス戦では大した効果でない。
ドラゴラム:覚えれない。
凍てつく波動:覚えれない。

こりゃ、無理だ。
まぁ……仕方ないか。
炎のツメを解禁して倒すとしよう。無理だし。
で、炎のツメを使ってあっさり撃破。

鬼門、しれんその3

★VSしれんその3
最後はしれんその3。
通常プレイでも圧倒的強さのトラウマモンスターです。
挑んでみるが、やっぱり即死。
強すぎる攻撃力、素敵な2回攻撃。
こりゃ勝てるのか……?

ルカナンを多用してくるのでマホトーンを掛けたいところだが、すると通常攻撃が増えて痛い痛い。
人員に余裕があれば毎ターンスクルトして相手の無駄を誘えるのだが、そんな余裕は当然なし。
防御を上げきってしまえば怖い敵ではないので、やはりマホトーンして気合で耐え抜きながらスクルトをかける戦法で。

そんな感じで数戦してみるも、HP不足は否めない。
スクルトかけきる前に突かれて死亡、死亡、死亡。
んー。せめて先攻取れれば違うんだけど。
バーバラとミレーユのすばやさ、いくつだっけな?
ステータスを開いて確認…………、あ。

ミレーユ:けんじゃ
バーバラ:けんじゃ

……。
……けんじゃのままじゃん。
MPが増える代わりにHPが大きく減るのが、賢者の特徴。
通りでHP少ないと思ったら……。

一旦ダーマに向かい、賢者から無職に転職(?)。
相変わらずのボス前作業、今回忘れてました。
うむ、HPがだいぶ増えた。これならいけるか!?

ドラゴンクエスト6 魔法旅

再びしれんその3まで戻り、いざ戦闘。
とりあえずマホトーンをして、残りHPに注意しながらスクルト連打。
無事に防御MAXまで上げたら、もう敵の攻撃はカスみたいなもの。
いなずまに注意しながらヒャダルコで責め、しれんその3撃破!
これでホルストックのイベントは終了。
魔法の鍵を手に入れて、次の場所へ。

魔術師の塔、ミラルゴ戦

上と下のクリアベールを行き来たり運命の壁に行ったりして、なんやかんやで空飛ぶベッド入手。
アモールに寄ってほしふるうでわを入手、そのままフォーン城へ行きます。
イベントをこなして、いざ魔術師の塔へ。

★VSミラルゴ
マホターンをしてくるので魔法戦では厄介なイメージがあるが、実際はそんなこともない。
マホターンはすぐニフラムで消し去れば、次のターンに再びマホターンをしてくる。
毎回マホターンを消していれば、ミラルゴは実質2ターンに1回しか攻撃してこないことに。

それでもベギラゴンやメラミは厄介といえば厄介。
しかしMP不足気味のこの戦闘において、敵が呪文も使ってくるということはMP回復チャンスでもある。
ドラクエの魔法プレイでは主力魔法となりつつある魔法、マホキテ。
受けた呪文の消費MP分、自分のMPを回復するという地味な魔法。
だが、魔法プレイでは数少ないMP回復の機会です。
マホキテを常に2人にかけておけば、MP切れも起こりにくい。

さて、戦闘開始。
せっかく「しょうかん」を覚えたので、まずタッツウを召喚。

ドラゴンクエスト6 魔法旅
ランプのまじんやミラルゴの打撃攻撃は怖いから、スクルトで守備を固め、ついでにマホキテ。
これで防御面は完全です。
後はマホターンを消し去りながら、地道にメラミで攻撃。
ランプのまじんは眠りやすいので、ランプのまじんを呼ばれたらラリホーマで眠らせとくと楽。
微妙なタッツウの援護もあり、大した苦戦もすることなくミラルゴを撃破しましたとさ。

世界放浪、そして海底

そして手に入れた水門の鍵を使い、マーメイドハープを入手。
ここからまた行動範囲が広がり、多くのイベントが開放されます。
伝説の武具取ったり主人公がライデイン覚えるイベントがあったりするんですが、とりあえず放置。
だってそのイベントこなしても何も強くならないもの。
ということで海底神殿、グラコスの元へ。

★VSグラコス
グラコスの攻撃で痛いのはマヒャド、なぎはらい。
とりあえずフバーハとスクルトを限界までかければ、マヒャド以外は防げます。
マヒャドは結構喰らいますが、マホステかけといてMP回復すればまぁまぁ効率的。

守りを固めた後は、ひたすらメラミで攻撃。
一度タッツウ召喚してみましたが、弱すぎたので召喚はしないことに。
マヒャドが痛いのでベホイミ・ベホマを駆使しながら攻撃を続け、メラミを60発ほど当てて撃破。
これも大して苦戦はせず。

その後復活したカルベローナにて、バーバラがマダンテを習得。
おそらくこの攻略のカギとなるこの呪文。いつ使うことになるやら。

伝説の武具を求めて

次に行うは伝説の武具集めの旅。
といってもこの旅においては、ただのキーアイテム扱いです。
まずはマウントスノーへ行ってさびた剣を入手。
その後にロンガデセオでイベントをこなし、剣を鍛えてもらうことに。
剣はこれで放置しとけばOK。

次に入手するは、盾。
盾は無限ループのダンジョンの奥地。
ループを知っていれば余裕なので、簡単に入手。

次に兜。
兜入手にはライフコッドでのボス戦をしなければなりません。
下のライフコッドへ行き、イベントを発生。
村が魔物に襲われるので、襲っている魔物を退治します。
ボスと戦うまでに数戦しないといけないのですが、早速ここでマダンテさんの出番。
しょせんザコ相手なので、マダンテ1発で敵は全滅。
戦闘後は教会で回復できるので、1戦ごとに回復してはマダンテを繰り返し、ボスまで到達。

ドラゴンクエスト6 魔法旅
次回、ボスは「まおうのつかい」です。

→第3章へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする