【ドラクエ6】魔法縛り第1章「ジャミラスの風」【制限プレイ】

第1章 ジャミラスの風

制限内容確認

対象ソフト:SFC版 ドラゴンクエストⅥ ~幻の大地~

ドラゴンクエスト6 魔法旅

  • パーティは「バーバラ」「ミレーユ」のみ
  • 「まほう」以外の使用禁止
  • 但しMPを使う「とくぎ」は魔法とみなす
  • 職業は「魔法使い」「僧侶」「賢者」のみ
  • ストーリー上バーバラとミレーユを使えない箇所は適当にクリアする
  • (全体的にボスのHPが高いので)「まほうのせいすい」のみ使用可能
  • カジノでは「まほうのせいすい」のみ入手可

前々回(DQ5)、前回(DQ3)とはまた趣向を変え、魔法旅+女二人旅の制限プレイです。
基本的にDQ6は難易度低めですし、このくらいでちょうどいいかな? という完全見切り発車。
この適当さが毎回波乱を生む原因になっている気がしますが、とりえあずやってみましょう。

最初のボス、夢ムドー

バーバラが仲間になるまでは、適当に進めていきます。
とは言うものの、この道中が結構長め。
主人公の旅立ちから不思議な世界探訪、マッチョ枠のハッサンとの出会い。謎の女性・ミレーユに導かれ、旅を進める主人公たち。
そうしてようやく、月鏡の塔にてバーバラが仲間になりました。

さて、ここから制限プレイ開始です。
主人公とハッサンを棺桶状態にして、ミレーユとバーバラのふたりで進行。
道中は意外なほど問題なく進むことができ、最初のボスである夢ムドーまで辿り着きました。

★VS夢ムドー
最初の山はムドー1回目。
準備としてサンマリーノのカジノでまほうのせいすいを20個ほど確保し、レベル上げ。
適当にレベルが上がったところで、いざ出撃です。

今回のプレイでは、MP回復アイテムであるまほうのせいすいを解禁しています。
というのも、DQ6の敵は総じてHPが高く、どうしてもMP切れで倒せない場面が多く想定されます。
下手にレベルを上げすぎて楽勝になってもつまらないので、このような方向で進めさせてもらいます。

さて、夢ムドーのHPは900。
こちらのメイン攻撃はバーバラのメラ(10前後)とミレーユのヒャド(20前後)。
ミレーユはほとんど回復しないといけないので、実質攻撃はバーバラのメラのみ。
……これはきつい。

当然ミレーユのMPはすぐに切れるので、スキを見てまほうのせいすいでMP回復。
道具は自分にしか使えないので、持っている数しか回復できないのが痛い。
まほうのせいすいは一個につき10~20くらいしか回復しないし。

戦闘自体は、最初にスカラを唱えることで、火炎攻撃とメラミに気をつければ何とかなるレベル。
大して強くないものの、長期戦なのでミレーユのMPがどんどん消費されていきます。
ベホイミの多用、MP消費激しすぎです。
まほうのせいすい足りないか……?

そして。
ひたすらメラ時々ヒャドを続け、ミレーユの残りまほうのせいすいが一個となったところで、ムドーを撃破!
案の定MPギリギリの戦いでした。この先が不安すぎる。

魔法旅、一時中断

次のボスは真ムドーですが、強制的にパーティからバーバラが抜けるので、こいつは適当に倒します。
棺桶と化していたメンズたちを蘇生して、総力戦で真ムドー戦。
ハッサンとチャモロ(というかゲントの杖)、本当に強い。
余裕で真ムドーを撃破。

さて、真ムドーに勝利したので、ダーマ神殿での転職が開放となります。
……の前に、まずはルイーダの酒場へ行きます。
主人公は預けることができないので、真ムドー戦で大活躍してくれたハッサンとチャモロをルイーダへ預けます
彼らには世界が平和になるまで、飲んだくれててもらいます。

ドラゴンクエスト6 魔法旅

世界放浪の旅へ

これでダーマ神殿が解放されたので、まずは二人とも魔法使いにしてメラミを習得。
魔法使いとして一回戦闘するだけでメラミを習得できる、普通のプレイでもやる小技です。
メラミは非常に使い勝手がいいので、是非覚えましょう。
バーバラはそのまま、ミレーユを僧侶にして準備OK。

★VSモンストラー
まずモンストルに行き、むらのえいゆう・モンストラーと対戦。
……ボコボコにされました

魔法使いバーバラのHP低すぎるんだよなぁ。
敵の攻撃一撃で死亡って。
魔法使いはHPにマイナス補正が強いので、一旦無職(ノージョブ)に戻します。
……だめでした。

仕方なく魔法使いに戻してレベル上げを行い、再び挑戦。
もう魔法使いマスターしちゃうよ、あと少しで。
再度無職になって、いざ勝負。

攻撃はひたすらメラミ×2。
アモスの攻撃は威力が高く、平気で致命傷を負ってしまいます。
途中やはりバーバラが死んだものの、なんとか撃破できました。
やはりボスのHPが高いので、今後も苦戦しそうです。

戦闘後、当然アモスさんには真実を告げます
さようなら、アモス。

ドラゴンクエスト6 魔法旅

脳筋が苦手な女性陣

★VSブラスト
さて、次に来たのはアークボルト。
ここで兵士たちと戦闘……だが。
兵士長ブラスト、強すぎる

攻撃力高いしHP高いしで、もうこりゃ無理ゲー。
こういうストレートな脳筋タイプが実は一番苦戦したりするんですよね。
レベル上げするか……。

とりあえずバーバラが魔法使いマスター直前だったので、マスターまで数戦。
マスター後、僧侶に転職。
レベル上げ目安は、バーバラがスクルト覚えるまでくらいかな……?
数戦後、ミレーユも僧侶マスターしたので魔法使いに転職。
レベル上げを続け、バーバラがスクルト覚えたので再び無職になり、兵士長ブラストの元へ。
ボス戦でバーバラを無職に戻すこの戦法、今後も鉄板になりそうな予感。

戦闘開始直後からスクルトで身を固めれば、敵の攻撃はほぼ無力。
被ダメが一ケタになったところで、怒涛のメラミ攻め。
しかし兵士長はなぜか呪文耐性が高いので、メラミ一発30前後という与ダメの少なさ。
当然MPは尽きるので、まほうのせいすいを多用しながら戦闘します。

まほうのせいすい切れが心配だったが、なんとか無事に兵士長撃破。
うむ、夢ムドーより強かった気がします。
兵士長がボス倒せばいいんじゃないかな……

その後北の洞窟へ向かい、ホラーウォーカー・かくとうパンサーを撃破。
その後の道中は省略し、いよいよジャミラス戦です。

しあわせのくに、魔王ジャミラス

★ジャミラス
戦闘前の演説が素敵なジャミラス様。
ジャミラスは攻撃力が非常に高い。
打撃も強いし炎も強いし、さらには2回攻撃です。
その上メラミ耐性が強いため、ヒャダルコで攻める必要があります。

とりあえず打撃のダメージを防ぐ為、戦闘開始から二人がかりでスクルト連発。
MAXまで掛かる前に死んだらリセット。
無事にスクルトが終わっても、まだ油断はできない状態です。
火炎と炎のツメの2連続を喰らったら瀕死、下手すれば死亡。
ヒャダルコで攻撃しつつ、早めに回復を行います。

当然MPは切れるので、まほうのせいすいで地道に回復。
ジャミラスさん、HP高いからまほうのせいすい使い切ったらどうしよう……。

そんな心配もしましたが、空気を読んだジャミラスさんはまほうのせいすいを2個残した状態で撃破されました。

ドラゴンクエスト6 魔法旅

攻撃力が高いとはいえ、思ったより余裕だった……?
スクルトは偉大だなぁ。

→第2章へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする