【ドラクエ5】魔法縛り第1章「怪奇!ゆきのじょおう」【制限プレイ】

某中古ゲーム紙で行われていた企画を他のゲームでもやってみようという思いつきです。

勢いで進行しているので、何か問題があればそのときに別途考えましょう。

第1章 怪奇!ゆきのじょおう

まずは制限内容確認

対象ソフト:SFC版 ドラゴンクエストⅤ ~天空の花嫁~

ドラゴンクエスト5 魔法旅

  • 戦闘中は「まほう」「ぼうぎょ」コマンドのみ。
  • 魔物の「とくぎ」は、その内の魔法のみ使用可。
  • 「どうぐ」は、戦闘中・移動中共に禁止。
  • バグや極端な裏技は禁止。

SFC版の難易度を覚えてないけど、結構な苦行になりそう。
もし詰んだらその時に打開策考えるってことで。

レヌール城へ……行く前に、魔法を習得

さて、スタート。
主人公の出生シーンから始まり、6年後。

父パパスと共に旅をしている主人公。
船から下りて、サンタローズへ。
ここで初のダンジョンへと潜ります。

主人公のレベルは2。
魔法何も覚えていないので、仕方なく全部逃げます。
無事に死なずに最深部で道具屋を救出し、脱出成功。
ついでに宝箱の防具も回収。

そしてパパスに連れられて、知人ダンカンさんのお見舞いの為アルカパへ。
ここでは、町の子供に苛められているベビーパンサーを助けるため、北のレヌール城のおばけ退治を行います。
主人公より「2歳おねえさん」のダンカンの娘ビアンカと共に、いざレヌール城のおばけ退治へ!
夜中にこっそりと二人で町を抜け出し、レヌール城を目指します。
いやあ、若さっていいですねぇ。

あ。
……主人公もビアンカも魔法覚えてねえ
調べたところ、ビアンカがレベル3で覚えるメラが最初の攻撃魔法。
仕方ないのでそれまでは敵を殴ってレベル上げます。

道具禁止にしたせいでやくそうが使えず、2~3戦したら宿屋へ直行。
イベント進むまではパパスの風邪が治らないので、パパスは当分風邪ひいたまま。
もちろんベビーパンサーも当分苛められたまま。ああ哀れ。

さて、町周辺でレベル上げをし、ビアンカのレベルが3になってメラ習得。
ここからが地獄、制限プレイを開始。魔法のみプレイの始まりだ……。

さて、ビアンカのMPは9、メラの消費MPは2。
つまり4発撃ったらMP切れる訳で、宿屋に直行。

少なくとも主人公がレベル8になってバギ覚えるまでは、レヌール城に行けません。
これは何晩かかることやら。パパスとベビーパンサー、かわいそうに。
ここから怒涛のレベル上げです。以下はレベル上げのダイジェスト。

7晩目:主人公とビアンカがレベル4に。主人公ホイミ習得。
12晩目:ビアンカがレベル5。マヌーサ習得。
13晩目:主人公がレベル5。
16晩目:ビアンカがレベル6。
19晩目:主人公がレベル6。
22晩目:ビアンカがレベル7、ルカナン習得。
27晩目:主人公がレベル7。
28晩目:ビアンカがレベル8。ギラ習得。
33晩目:主人公がレベル8。バギ習得。

ということで、33日かかってやっとレベル上げ完了。
それにしてもこの間ずっと風邪って、パパスそれは風邪じゃないんじゃあ……。

ドラゴンクエスト5 魔法旅

34晩目、ようやくレヌール城

さて、34晩目。やっとレヌール城に出発。
レヌール城を探索し、おやぶんゴーストに騙されておばけキャンドル×4との戦闘。
しかし、ギラ→バギの攻撃で相手は何もする前に全滅。レベル上げしただけあるなぁ。

更にレヌール城の探索を続けます。
そして、そのままおやぶんゴーストと戦闘。
初のボス戦……ですが、バギ・メラで押してるだけで余裕の勝利。本来こんなレベル上げしてから来る場所じゃないし。
ということで、サクッとレヌール城攻略戦は終了でございます。

(言うことを聞かない)ゲレゲレと妖精の国へ

おばけ退治を終えてアルカパへ戻り、1ヶ月余り苛められていたベビーパンサーが仲間になりました。
もちろん名前は「ゲレゲレ」。
天空物語を愛読していた身としては、やはりゲレゲレでしょう。

ここでビアンカと別れ、サンタローズへ戻ります。
そして主人公は妖精ベラに連れられて妖精の国へ。

妖精の女王から、盗まれた「はるかぜのフルート」を取り戻して欲しいと頼まれ、とりあえず西の洞窟へ。
ベラが一時的に仲間になったので、戦闘は楽です。
パーティは主人公、ゲレゲレ(賢さ低くて命令聞かない)、ベラ。
ここで無事に「とうぞくのかぎのぎほう」を習得し、いざボスの下へ。

ここはザイルとゆきのじょおうの連続戦闘。
……うん、無理

そもそも、敵が攻撃してこなかったとしてもMPが足りない。
主人公とベラが全部魔法攻撃したとして、だいたい与えるダメージが400弱。
しかし、ザイルとゆきのじょおうのHPは合計約720。
全く足りません。

レベル上げして突破しようと思えばできるが……。
んむ。こうしよう。
制限条約に多少反する気もするが、レベル上げして突破するよりは面白いはず。

かしこさが低くて命令を聞かずに通常攻撃してしまうゲレゲレを利用し、主人公とベラは援護に回ります。
で、ゲレゲレが(命令を聞かず)攻撃するのを狙う、と。
早速制限条約を破ってる気がするけど、たたかうコマンドは選択してないし。思いっきりレベル上げして今後つまらなくなるよりはいいでしょう。

ドラゴンクエスト5 魔法旅

ゆきのじょおうとゲレゲレと

ではいざ、連戦へ。
とりあえずザイル戦は、MP消費をできる限り抑えて撃破。
問題は次、ゆきのじょおう。

敵のHPは約600。
定期的にホイミを使うので、実質もっとダメージを与えなければならない。

長期戦になることは目に見えてるので、主人公とベラはホイミ役に回し、攻撃はゲレゲレ任せ。しかし、ゲレゲレもコマンドは「ぼうぎょ」を選ばなければならない。
命令を聞かずに攻撃する確率は、体感で1/2くらい。
2回ルカナンを唱えることで、ゲレゲレの攻撃はだいたい25前後を与えられます。
敵は6ターンに1回ホイミ(30回復)をしてくるので、6ターンを1セットとすると以下のようになります。

攻撃:(6[ターン] × 1/2[確率] ×25[ダメージ]) =75[ダメージ]
攻撃-回復:75[ダメージ] - 30[回復量] = 45[ダメージ]

であるので、1セットで45前後与えられる。もちろん運に大幅に左右されるけど。
それを考慮すると、だいたい15セットで倒せればいい感じ。

……15セットてことは、90ターンか
それまでに2人のMPが切れないかが問題。

まずは戦闘開始とともにベラがマヌーサ。
敵の1セット中のパターンには通常攻撃が2回あるので、マヌーサは結構有効。
(ただし消費MPが多いので、1回で決まらなかったらリセット

で、マヌーサ後にベラで2回ルカナン。
これで敵の防御はほぼ下がり切ったので、後はひたすらゲレゲレ任せ。
残りMPは主人公、ベラ共に20弱。
ホイミはそれぞれ6回か……。
あと70ターン持つのか?

主人公:ベラのMP切れるまで防御。切れたら回復役。
ゲレゲレ:ずっと防御。体感1/2くらいの確率で通常攻撃してくれる。
ベラ:回復役。MP切れたらさようなら。

さて、実戦です。
やっぱりゲレゲレの攻撃は運に左右されまくります。
1セットで5回攻撃することもあれば、1回しかしないこともあり。
1回しか攻撃しないと、敵のホイミの回復量のが多いんだよなぁ。

ということで、挑み続けること数十戦、2時間あまり経過した頃。
序盤のマヌーサとルカナンが上手く効いて、その後のゲレゲレの攻撃も順調。
丁度300くらいダメージを与えたところでベラのMPが切れて、主人公にタッチ。
数ターン後、ベラが気絶。
そりゃ回復してやらなけりゃそうなるか。

ベラの意思を継ぎ(死んでないけど)、残された主人公とゲレゲレで倒さなければ。
途中ゲレゲレが1セット不発に終わるも、なんとか推定600ダメージ与えました。
……けど、倒せない。
あと少しのはず、との希望を込めて、主人公も残りMPでバギ連発。
ゲレゲレも上手く攻撃し、なんとかゆきのじょおうを撃破!

……なんとも意外なところで苦戦してしまったなぁ。
これで子供時代の山場はクリア。
さて、次はラインハットか……。

→第2章へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする