【ドラクエ3】魔法縛り第3章「カンダタの脅威」【制限プレイ】

過去記事はこちら。

第1章 魔法使い大地に立つ

第2章 アリアハン脱出作戦

第3章 カンダタの脅威

ピラミッドの宝物はスルー

カンダタを討伐し、次のダンジョンは砂漠の城イシスの北にあるピラミッド。
本当はイシスで仕掛けのヒントを聞かなければ謎解きが困難なのですが、もうダンジョン内の構造も仕掛けも体が覚えてるのでそのままピラミッドへ行きます。

迷いやすい構造のダンジョンですが、落とし穴の位置もだいたい暗記しているので割りと簡単に進みます。
それなりに敵も強いですが、火力もそれなりに出せるようになってきたため、死ぬことはとりあえずなさそうです。
まんまるスイッチの「東の西から西の東、西の西から東の東」も暗記しているのでクリア、無事に「まほうのかぎ」入手。
この奥に「マジカルスカート」やらなんやら強い防具がありますが、パーティ全員男なので奥には行かず帰還。……男キャラの冷遇っぷりはひどいなぁ。
また、ピラミッドには「黄金の爪」という武道家の強い武器がありますが、武闘家がパーティーにいないので無視

ドラゴンクエスト3 魔法旅

カンタダふたたび

魔法の鍵を使って向かうはロマリアの西、ポルトガ城。
ここの王様は黒コショウを持ってきたら船をくれるという、太っ腹なのかバカなのかよくわからない王様。
黒コショウを手に入れるため通行証をもらい、黒コショウの街バハラタへ行きます。

バハラタでは黒コショウの店の店主の嫁(予定)がひとさらいに誘拐され、店主もそれを追っていなくなってしまいます。
普段から勝手に家に侵入してタンスをさばくってる一行なら家捜しして黒コショウを取ってもいい気がしますが、イベント上しかたないのでひとさらいを討伐するため近くの洞窟へ。

ここで出てくるのはまたもやカンダタと、そのこぶん。
カンダタさん、反省はまるでしていなかったようで。
泥棒に続き人さらいとは、むしろ悪人として悪化しているような。

カンダタと戦う前に、まずはこぶん4体との戦闘です。
……強ッ!
驚くほどの強さで瞬殺されました。
こぶん4体でこの強さって。おい。
カンダタとは戦うことすらできません。

これは数戦するまでもなく無理と判断。レベル上げがてら、北のダーマ神殿に向かいます。
転職とは無縁の今回の旅。従ってダーマもほぼ無縁です。
宿代が安いので、ダーマ周辺でレベル上げできるくらいでしょうか。

……本当は、このあたりはメタルスライムが出現するので、レベル上げには最適な場所なんです。
が、魔法しか使えないので、メタルスライムが倒せない。
メタルスライムを相手にする時は、防御し続けて相手が逃げるのを待つという悲しさ。
ああ、メタルスライムよ、さっさと逃げてくれ。

カンダタふたたび(take2)

そして、べギラマやらべホイミやらを覚えたので再戦。
こぶんはルカナンを唱えてくるため、いっそスクルトは使わず短期決戦に持ち込みます。
勇:ギラ、僧:回復orラリホー、魔:べギラマ、でひたすら攻めていく作戦。

やはりカンダタこぶんは強く、魔法使い2人が死に掛けます。
この耐久力の低さは仕方ないですが、もう少しどうにかならないものか。
なんとか作戦は成功し、こぶん4体を撃破。

さて、次がようやく本番、カンダタとこぶん2体。
カンダタは通常攻撃のみなので、こぶんを速攻で撃破してスクルトをかける作戦で。

やっぱりカンダタの攻撃はだいぶ痛い。
運が悪いと1ターンで魔法使いは死んでしまいます。
とは言うものの、こぶん2体を倒してしまえば、後はスクルトかけまくってチマチマ削るだけです。
時間かかるけどもう一安心。

……ではなかった。
カンダタの痛恨の一撃で、なんと魔2が即死
おいおい、スクルトあんなにかけたのに……。
痛恨の一撃って防御力無視だっけ?

ドラゴンクエスト3 魔法旅

さらに追い討ちをかけるように、勇者と魔1のMPが切れた
残る攻撃方法は僧侶のバギのみです。
しかもそれやってたら回復は不可能という悲劇。

ヤケクソ気味で僧侶はバギを連発。
残りMPもわずか、やはり無理か……というところでしたが、ラスト2発のバギでかろうじて撃破!

これは、久しぶりのギリギリ勝負だったなぁ。
MP切れ=リセットというのが魔法のつらいところ。

カンダタを倒した一行は黒胡椒を手に入れ、ポルトガまで凱旋、やっと船を入手できました。

アイテム回収の旅へ

船を入手したので、とりあえずは世界各地を巡って装備品集め。

まずエジンベアにて「かわきのつぼ」を手に入れ、それを持って海の浅瀬へ。
ここでかわきのつぼを使い、「さいごのかぎ」を入手しました。
(きえさりそうとか使ったけど最低限のアイテムということで。レムオル覚えるまでは厳しすぎる)

さいごのかぎを持って世界各地を巡り、「ふうじんのたて」などをGET。
ついでにムオルまで行って「オルテガのかぶと」も入手。
相変わらず戦闘では活躍しない勇者ですが、こういう装備品だけは優秀なんですよね。

次にランシールのちきゅうのへそへ潜入し、だいちのよろいを目指します。
このダンジョンは一人しか入れないので、勇者が……だとMP少なくて回復が心配なので僧侶が行きます

…‥しかしこのダンジョン、ひたすら死ぬ
一応装備は整えてきたものの、逃げ出す前にガンガン殺されます。
死んでも全滅扱いにならないのが救いか。金は減るけど

ドラゴンクエスト3 魔法旅

10回ほど潜る→死ぬを繰り返し、やっとだいちのよろいまでたどり着きました。ひたすら逃げてただけだけど。
これで目標は達成ですが、もう一度来るのもめんどくさいので奥まで潜り、「ブルーオーブ」もついでに入手しました。

魔王との決戦に向けて

船を取ってからのストーリー上の目標は、6つのオーブを手に入れて不死鳥ラーミアを復活させ、魔王の城に乗り込む事。
オーブ入手のためには中ボスの「ボストロール」「やまたのおろち」を倒さなければいけないので、この2匹が魔王までの山場でしょう。

で、船でテドンまで足を伸ばし、「グリーンオーブ」と「やみのランプ」を拾う。
そして海賊のアジトに行き、隠されていた「レッドオーブ」も手に入れました。

……駆け足気味な解説ですが、実際ここまではDQ3知ってる人なら簡単に進められるところ。
とりあえず2匹の中ボスを後回しにして、取れる限りのアイテムを取り、装備を整えます。

ここまでで入手したオーブは3つ。残すも3つ。
装備も整えてやれることはやったので、いよいよ中ボス戦となります。

最初に倒すは「ボストロール」。
一撃がとても痛いタイプで、DQ2のアトラスを彷彿とさせやがる中ボス。
2回攻撃でルカナンまで使い、さらにこちらの攻撃の要であるメラミが効きにくいってんだからもう。

ボストロールと戦うために必要なアイテム、シリーズ伝統品の「ラーの鏡」を取ってきて、戦う準備は万全。
長くなりそうなのでボストロール戦はまた次回に。

→第4章へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする