エキサイトバイク

エキサイトバイク

シンプルなバイクゲーム

謎のレース形態

「エキサイトバイク」は、バイクを題材としたレースゲーム。

ファミコンで発売された後、様々な移植や64等での次回作などが出ている。
関連作品をプレイできる場面は多々あるだろう。

シリーズ原点である本作には、タイムアタックモードとNPC対戦モードがある。
……といっても、NPCがいたところで内容はあまり変わらない。
NPCのバイクと接触すると大幅なタイムロスになるので、「障害物が増えた」程度の感覚だ。(最初は3台だったNPCが抜かしていくにつれて増えている気がするが)
この感覚、初めて競艇に行ったときにレース開始の合図が分からず、気づいたらレースが終わっていた感じに似ている。共感してくれる人はいるだろうか。

スタントマンよりスタントするプレイヤー

操作方法はシンプルで、アクセルとターボ、手前・奥の移動、姿勢制御。
ターボを使い過ぎると温度が上昇しオーバーヒートしてしまうため、良いタイムを狙うにはターボの使い方が重要となる。
また、路面に設置されているポイント(ダッシュ板にしか見えない)を踏むことで、バイクの温度を下げることができる。
ターボとアクセルを使い分けつつ、ポイントを狙いながら温度管理をすることが必要だ。

また、コースには障害物やジャンプ台が設置されている。上手く避けたり姿勢制御をして、転倒しないよう進んでいく。転んでしまうと再発進までに数秒掛かってしまうため、転倒しないためのハンドリングが求められる。
転倒した際には、そのときの速度に応じてプレイヤーが派手に地面を転がることになる。相当早いスピードかつ坂道で転んでしまったら、それはもう大惨事。数十メートルほどバイクとともに転がる主人公は、現実なら複雑骨折、下手すれば即死でもおかしくない。……まあ幸いこれはゲームなので、当然何事もなかったかのように立ち上がってレースを再開するのだが。

シンプルすぎる操作方法だからこそ

非常にシンプルだが操作してみると意外に忙しく、しかし慣れればどんどん加速し高タイムを狙っていける。
せっかくコースエディット機能があるので、2P対戦モードが欲しかったところだ。
その辺りが残念ではあるが、ファミコンのレースゲームとしては高得点ではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする